家づくりQ&A

HOME > 家づくりQ&A

Q1 家づくりで大事なことは?
家づくりは、暖かく長持ちすることが大切です。 長持ちする家とは、地震に強い、木材が腐らない、設備の更新がやりやすい、間取りの変更がしやすい、などです。こうした家づくりをできる住宅会社を探しましょう。 昔は建てて数年の住宅が腐り始める事件がありました。そうした課題を克服し、快適なくらしをご提供できるのが新住協の新在来木造構法です。
Q2 予算があまりありませんが、わたしたちにも建てられますか?
住宅会社の中には「アパート並みの月6万円で返済できるから」など勧めてくるところもあります。しかし、前提となるのは借入当初3年間のキャンペーン金利。35年返済で2000万円借りた場合、確かに当初3年間の返済額は月6万円です。でも4年目からの金利が2%上がれば月々の返済額は8万円と2万円もアップ※。将来の計画をきちんと立ててからでも遅くはありません。
新住協十勝支部の専門会員なら、あなたの収入、家族構成、希望の家などを考え、性能を維持してコストを落とす方法、ローンの賢い借り方や保険の見直しなども含め、良いアドバイスができます。まずは近くの専門会員にご相談ください。
※…1〜3年目まで年1.4%、4年目以降3.4%で計算
Q3 家づくりのプロセスを教えてください
家づくりに決まった順番はありませんが、一般的なパターンはこうなります。
1.資金計画
2.土地選び
3.プランを考える
4.住宅会社選び
5.設計・打ち合わせ
6.見積と融資申込み
7.住宅着工
8.住宅完成
1〜4のプロセスは、同時並行になる人が多いようです。
Q4 築25年の家に住んでいますが、建て替えたら暖房代は安くなりますか?
多くの場合、そうなります。
しかし、昔の家は全室暖房をしていなかったり、家の面積が狭いこともあるので、建て替えても「暖房費はほとんど同じ」という人もいます。
新住協のQ1.0住宅なら、灯油タンクの補充はシーズン中1回で済みますので、必ず安くなるはずです。

このページの先頭へ