メンバーの仕事紹介

HOME > メンバーの仕事紹介 > 中谷 彰さん(音更町・(株)中谷建設工業)

ひとりで頑張っても取り残される

20年前から、あるフランチャイズ(FC)に加盟して高性能な住宅づくりを進めてきた中谷さん。しかし景気が悪化して住宅の低価格化が進むと高額なフランチャイズ料や専用部材が必要なため、手の届く価格で住宅を提供することが難しくなってきました。

数年前に退会し、家づくりを続けてきましたが、国の住宅政策の情報をいち早く知ることができず、イライラすることがありました。「やはり仲間がいて情報や志を共有することが大切だ」と危機感を持つようになりました。

そんなとき、知り合いの水野光義((有)水野建設社長)さんから「新住協十勝支部に入会しないか」と誘われました。新住協十勝支部ではQ1住宅や長期優良住宅に積極的に取り組み、そういった情報が充実していることが魅力的に映りました。

入会してみると水野さん以外にも知り合いが何人もいました。今後は「積極的にかかわりながら新しいことに挑戦したい」と中谷さん。

足元快適な床下暖房装備でオレンジの外観が目立つエコ住宅
大きな2世帯エコ住宅の外観

民芸調の和室
民芸調の和室
無理しない家づくりを"

中谷さんは、家づくりを考えるお客さまに「無理をしてローンを組んだがために生活が苦しくなるような家づくりは勧めたくない」とアドバイスしています。「いいものを安く」が基本的な考え方。

ただ、注文住宅といっても何をどう決めればいいのか、お客さまが全部考えるのはたいへん。そこで、3グレードのモデルプランを提示し、設備仕様や家の広さでどれほど価格が変わるかをわかりやすく説明しています。資金計画やローン相談に乗ってアドバイスもします。

住宅は、次世代省エネ基準が標準仕様。暖房は、お得な深夜電力を活用した電気蓄熱暖房器を提案。今後は暖房器を室内に置かなくて済む床下暖房システムにも取り組みたいと考えています。

お客さまに負担をかけず、後悔しない家づくりができる。それが中谷さんのセールスポイントのようです。

コンパクトな洋風玄関、小さなステンドグラスがワンポイント
コンパクトな洋風玄関
小さなステンドグラスがワンポイント

手造り感いっぱいな リビングダイニング
手造り感いっぱいな リビングダイニング
自然素材と職人の手づくり

最近は、こだわりを持つお客さまが増えています。個性の乏しい価格だけが売りの家ではなく、こだわりを少しでも反映させたい。

力を入れたいと思っているのは、自然素材をふんだんに使う家を標準仕様にすることと、職人の手づくりを大事にすることです。内装もクロスを張るのではなく、職人さんの力を使って手づくりの味わいを出したいと考えています。たとえば珪藻土や漆喰など左官仕上げなど、健康にもいい仕上げなど。

中谷さんは読書が趣味で、読書録をブログ my reading にまとめています。

住宅に関する専門書から芸能人の本まで多種多彩で、お勧め度まで書いてあります。一度覗いてみるとおもしろそうですね。

できるだけお日様を取り入れるための大きな空間
できるだけお日様を取り入れるための大きな空間
中谷建設工業 中谷彰さん
中谷 彰さん
中谷 彰さん

このページの先頭へ