メンバーの仕事紹介

HOME > メンバーの仕事紹介 > 土田隆司さん(帯広市・(株)土田工務店)

多忙な日々の中で資格取得

土田隆司さんは、土田工務店の専務として営業、設計、現場回りなど多忙な日々を過ごしています。

小さいときから、家業である工務店の仕事を見て育ってきました。ただ、最初から後を継ごうと考えていたわけではなく、外を駆け回って蝶を捕まえるのが好きな、アウトドア志向の子どもだったそうです。

高校も建築科ではなく普通科に進学。当初は「昆虫にかかわる仕事がしたい」と、大学進学を考えていました。でも、仕事にするには「好き」だけでは続かないと考え、建築の道に進むことを決意します。そこで建築系の学部を受験して見事合格。

卒業後は、関東の土木会社へ就職します。当時はまだまだのんびりした時代だったそうです。現場に行くと、職人さんたちが「ボートレース(競艇)があるから今日の現場はそれが終わってから」と出て行ったり、夜9時近くに仕事を終えて現場から寮に戻ろうとしたら、「これから仕事するから投光器準備して」と言われるなど、今では考えられないかもしれません。土田さんは若手の有望株として仕事量も多かったそうです。そんな中、寮に戻ると寝る間を惜しんで勉強して1級建築士や施工管理技士など、住宅建築に必要な専門資格を取得。5〜6年ほど働いて帯広の実家に戻ってきました。

平屋部分は親世帯、2階は子世帯の完全分離型2世帯住宅のM邸
平屋部分は親世帯、2階は子世帯の
完全分離型2世帯住宅のM邸
M邸は長期優良住宅、外張り断熱工法で隙間相当面積C値=0.2cm2/m2と性能・耐久性もハイレベル
M邸は長期優良住宅、外張り断熱工法で
隙間相当面積C値=0.2cm2/m2と
性能・耐久性もハイレベル
技術にこだわる

設計などの仕事をしていたこともあり、土田工務店では図面書きから仕事を始めました。
「前にいた会社が技術系だったから、やはりそういう仕事が好きかもしれない」と言います。外張り断熱工法にも早くから取り組み、地産地消の考え方を採り入れた家づくりも積極的に行ってきました。

土田工務店は、新住協がスタートした頃に加入していました。しかし、仕事の忙しさもあっていったん退会、それから月日が経ちました。ここ数年、新住協十勝支部の活動が活発になってきたこと、さらに熱計算ソフトのQpex(キューペックス)が一新されたこともあり、再び加入しました。

「例会に出てみると、昔と変わらず情報交換をしたり、ベテラン会員が若手の発表者に絶妙にツッコミを入れるなど『うまく鍛えてるなぁ』と感じました」と土田さん。

シンプルな平屋のI邸
シンプルな平屋のI邸
I邸はリビングを中心に、キッチンとフリースペースも組み込み、スペース効率を追求
I邸はリビングを中心に、
キッチンと フリースペースも組み込み、
スペース効率を追求
ヒトはどんどん変わるが、家は追いつけない

家づくりに関わって数十年が経ち、感じること。それは、技術の進歩で暖かくて維持費があまりかからない家が造れるようになった反面、「人はどんどん変わるけれども、家は変わるのが難しい」ということです。その問題が大きくなって土田さんは「家が棺桶に入る」のを何度も目撃しました。主がいなくなった家、売り出し中の家・・・

プランやデザインに凝った家を建てても、住んでいる人はどんどん年齢を重ね、家族が巣立っていったり、趣味嗜好が変わったり、体力が弱ってくると、住みづらくなったり、ムダが多くなります。

そこで、土田さんが重視しているのは、「10年後、20年後も快適に暮らせる家をお施主さまといっしょに考える」ことです。たとえば玄関まわり。このスペースをケチってしまうと、「年取ってから全然使えない家になる」と忠告します。

それは、車いす対応に広めのスペースが必要だという家づくりの教科書的な話だけではありません。

「玄関スペースにゆとりがあると、玄関収納に入りきらない物の仮置き場になったり、フレキシブルに活用できます。家って結局は住処(すみか)なんです。『目に見えるところに物は置きたくない』と理想論で作っても実態に合わなくなることがあります。自分たちが住みやすい家、そして将来のライフスタイル変化に柔軟に対応できる家が重要だと思います」と話します。

人に見せたり自慢するためではなく、肩が凝らずに自分らしく生活できる家。簡単なようで案外難しいと思いますが、そこは土田さんの豊富な経験でカバーし、お客さまの満足のいく家づくりをこれからも続けていくそうです。

ちょっぴりかわいい平屋のH邸
ちょっぴりかわいい平屋のH邸
H邸は女性オーナーで、将来の生活スタイルを見越したプラン
H邸は女性オーナーで、
将来の生活スタイルを見越したプラン
子育て住宅として設計しながら、老後を考えゆとりを持たせたS邸
子育て住宅として設計しながら、
老後を考えゆとりを持たせたS邸
土田工務店 土田隆司さん
土田隆司さん
秋島 雅彦さん

このページの先頭へ